Finn Guttormsen
(b) Norway

last updated: 24 June 2009


● ライブレポート: Farmers Market @ 愛知万博 EXPOドーム (11 April 2005)

● ライブレポート: Farmers Market @ Gamla / Oslo Jazzfestival 2004 (13 August 2004)

● ライブレポート: Farmers Market @ 渋谷EGGMAN (23 May 2004)


as a co-leader:


Of Christmas Live At Blå / The Source (2002; Booting Legs; CD1)
Trygve Seim (sax)
Øyvind Brække (tb)
Finn Guttormsen (b)
Per Oddvar Johansen (ds)
w/
Cheb Hocine (vo, karkabo)
Jarle Bernhoft (vo, g)
Nils Olav Johansen (vo, g)
Anne-Lise Berntsen (vo)
Ulrika Nilsson (vo)
Mustafa Dahir (darboka)
Øystein Trollsås (ney)
Prime Time Orchestra
for details, see scrapbook > discs > 2003 Vol.8 (2003/12/24)

Farmers Market / Stian Carstensen (2000; Winter & Winter; 910056-2)
Stian Carstensen (g, accor, midi-accor, banjo, tamboura)
Finn Guttormsen(el-b, double-b)
Nils Olav Johansen(g, vo)
Trifon Trifonov (sax)
Jarle Vespestad (ds)
and guests
このアルバム、どこの売り場に置かれているのかわからず、ずいぶん苦労しました。結局「ワールドミュージック:スカンジナビア」のところで発見。"Farmers Market"はそのままこのバンドの名前でもあり、これが3作目です。変拍子バルカン音楽を素材に、そのままのものや、テクノ風や、ジャズ風や色々に料理したものがズラリ。とにかくかなりの変拍子ぶり(演奏はかなり上手いです)と抜けたような明るさが印象的です。(2001/01/21)

Musikk Fra Hybridene / Farmers Market (1997; Kirkelig Kulturvergsted FXCD 182)
Stian Carstensen (accor, g, banjo, mandolin, kaval, vo)
Trifon Trifonov (sax, cl)
Nils Olav Johansen (g, p, vo)
Finn Guttormsen (b, vo)
Jarle Vespestad (ds, vo)
with:
Georgi Andreev (gadulka)
Borislav Zgourovski (kaval)
Neli Atanassava (vo)
Sorina Bogomilova (vo)
Mireille Roth (vo)
「"Musikk Fra Hybridene"は東西ヨーロッパの間にあるほとんど知られていない島の音楽で・・・」というコンセプト(?)に基づいたジャケットは、北ヨーロッパの地図の北海とバルト海の間に"ハイブリッド諸島"などという島ができていて、ふと見ると対岸にはブルガリアがあり、東西南北の矢印もデタラメですが、このアルバムをよく表しています。Farmers Marketの2作目になる本作は、「誰でも知っている有名なメロディーの一発芸の連続技」という新種のネタがすごいです。出てくる曲は、Dave Brubeck、007のテーマ、ルパン3世、ピンクパンサー、ジェンカ、インディージョーンズ、Van Halen、モーツァルト、ABBA、Antonio Carlos Jobim、ラベル・・・と支離滅裂で、曲名がわかる頃には3曲くらい先までいってしまっています。これを6分も続けられるのだからたまりません。このネタの2曲があまりにインパクトが強いのですが、他の曲はバルカン音楽をしっかり消化して、なかなかポップなセンスをうかがわせます。演奏は非常に高度で複雑、特にドラムのJarle Vespestadが素晴らしいというかすごいというか。・・・傑作です。 (2001/05/22)

Speed/Balkan/Boogie / Farmers Market (1995; Kirkelig Kulturvergsted FXCD 148)
Stian Carstensen (accor)
Håvard Lund (cl, ss)
Nils Olav Johansen (ac-g, el-g, vo)
Jarle Vespestad (ds)
Finn Guttormsen (el-b, conrta-b)
with:
Borislav Zgourovski (kaval)
Sonia Iovkova (vo)
Vessilina Illieva (vo)
Georgi Andréev (gadulka)
1991年の秋に結成されたノルウェーのグループFarmers Marketのファーストアルバム。1994年7月、ノルウェーのモルド国際ジャズフェスティバルのライブ録音です。バルカンの音楽、特にブルガリアの民族音楽とジャズその他の音楽の融合、がこのグループの特徴なのですが、このアルバムはどちらかというと民族音楽色が強いです。しかし、このグループのもつ強烈なユーモア(本人達は真面目にやっているのかもしれませんが)があまりにもユニーク。これでもかというほどに高速でたたみかけるような16分の11拍子の曲や、人を食ったような展開を見せる民族音楽のアレンジには驚く、というより笑えてきそうになります。曲は10曲中、2曲を除いてトラッドをアレンジしたもの。その2曲のうち1曲はリーダーのStian Carstensenのオリジナル。注目は最後の曲"Take Five - Take 11"。タイトル通り、Dave Brubeckの有名な曲を割と普通に演奏し始めるのですが、中ほどでギアチェンジして11拍子のバルカン物に変容する様がものすごいです。 (2001/05/21)

as a sideman:


Of Christmas - Live / The Source (2007; Grappa GRCD 4215) (2008/12/24)

Pathfinder / Jazzmob (2003; Jazzaway; JARCD001) (2005/11/05)

The Source And Different Cikadas // Trygve Seim / Øyvind Brække / Per Oddvar Johansen (2002; ECM 1764) (2002/06/12)

Letters / Håvard Lund (1996; Turn Left Productions; 196) (2002/11/20)

top / home