Nils-Olav Johansen
(g, vo) Norway

last updated: 16 October 2006


● ライブレポート: Farmers Market @ 愛知万博 EXPOドーム (11 April 2005)

● ライブレポート: Farmers Market @ Gamla / Oslo Jazzfestival 2004 (13 August 2004)

● ライブレポート: Farmers Market @ 渋谷EGGMAN (23 May 2004)

● ライブレポート: Electro Gravity @ Smuget (24 February 2003)


as a co-leader:


Angels // Køhn / Johansen (2003; Real Records; RT 116-2)
Sigurd Køhn (ss, as, bs, cl)
Nils Olav Johansen (g, scat, vo, whistling)
Ole Jørn Myklebust (tp, flh)
Roy Powell (rhodes, p)
Harald Johnsen (b)
Jarle Vespestad (ds)
Heine Totland (vo, as special guest)
with:
Jørgen Munkeby (bcl, fl, afl)
Torbjørn A. Raae (backing vo)
Hallgrim Brattberg (g)
Even S. Andersen (tb, flugabone)
Nils Christian Fossdal (backing vo)
Ole Petter Hansen (per)
Freddy Dahl (backing vo)
Stein Austrud (syn)
Solveig Slettahjell (backing vo)
Jarle Bernhoft (backing vo, g)
Erlend Gjerde (tp)
Jørgen Gjerde (tb)
Køhn / Johansen のセカンドアルバム。ユニット名が少し変わり、トランペッターが交代している。前作のソウル路線の延長ながらより都会的なサウンドで、特にアップテンポな曲ではUKソウルのようなダンス系に接近するものもあり、意外とこれがよくはまっている。アルバム中最も速い #8 ではボーカルアレンジもホーンアレンジも完全にそちらのほうへ行ってしまっていて、それでいてリズムセクションが打ち込み無しで全てアコースティック、というところがこのユニットならでは。Roy Powell 作の #10 のみインストナンバーで、アルトサックス→トランペット→ピアノとソロがまわるファンキーなジャズ。ラストトラック #11 の "Purple Angel" と並んでタイトルトラックとも言える #9 "Angel" は Jimi Hendrix の曲。 (2003/05/04)

Farmers Market / Stian Carstensen (2000; Winter & Winter; 910056-2)
Stian Carstensen (g, accor, midi-accor, banjo, tamboura)
Finn Guttormsen(el-b, double-b)
Nils Olav Johansen(g, vo)
Trifon Trifonov (sax)
Jarle Vespestad (ds)
and guests
このアルバム、どこの売り場に置かれているのかわからず、ずいぶん苦労しました。結局「ワールドミュージック:スカンジナビア」のところで発見。"Farmers Market"はそのままこのバンドの名前でもあり、これが3作目です。変拍子バルカン音楽を素材に、そのままのものや、テクノ風や、ジャズ風や色々に料理したものがズラリ。とにかくかなりの変拍子ぶり(演奏はかなり上手いです)と抜けたような明るさが印象的です。(2001/01/21)

Woman's Got To Have It // Køhn / Johansen Sextet (1999; Real Records; RT 110-2)
Sigurd Køhn (as, ss, ts, bs)
Nils Olav Johansen (vo, g, rhodes, synth)
Erlend Gjerde (tp, rhodes)
Roy Powell (p, rhodes)
Harald Johnsen (b)
Jarle Vespestad (ds)
with:
Jarle Bernhoft (vo, rap, tambourine)
Håkon Iversen (backing vo)
Per Øystein Sørensen (backing vo)
Freddy Dahl (backing vo)
Jørgen Gjerde (tb)
Guri Alfstad (backing vo)
Guttorm Guttormsen (fl)
Sigurd Køhn と Nils Olav Johansen の双頭バンドのファーストアルバム。ほとんどの曲は Sigurd Køhn が手がけていて、ソウルフルなR&Bよりの音楽。それを Nils Olav Johansen が(真面目に)歌っている。ゆったりしたグルーヴ感が漂い、都会的で、メロディーもアレンジも意外性はない分リラックスして聞ける。こういう音楽がオスロから出てくるのはちょっと意外で、北欧っぽさはまったくないけれど、カチッとした演奏、特にリズムセクション(こういう音楽にダブルベースという取り合わせも含めて)にはこの国らしさが残っている。タイトルトラックはソウルシンガー/ソングライター Bobby Womack の有名な曲。 (2003/05/01)

TINGeLING / TINGeLING (1997; NOR-CD 9726)
Eldbjørg Raknes (voice)
Nils-Olav Johansen (6 stting bass g)
Maria Kannegaard (el-p)
Per Oddvar Johansen (ds)
Curing Legs レーベルからアルバムをリリースする女性ボーカルグループ KvitrettenJazzland レーベルにレコーディングがある女性ボイスパフォーマンストリオ ESE などの活動でも知られるノルウェーの女性シンガー Eldbjørg Raknes ( b. 1970) の実質的な初リーダー作。このユニット TINGeLING は様々な詩に Eldbjørg Raknes が曲をつけるというコンセプトで、このアルバムでは James Joyce、Dorothy Parker、Pablo Neruda らの詩を扱っている。音楽のほうも詩のようにミニマル、拡散するイメージで、メロディーもやや抽象度が高い。このユニットはそもそも 1996年に Eldbjørg Raknes とギタリスト Nils-Olav Johansen により始まったそうで、その Nils-Olav Johansen の弾く6弦ベースがギターとベースの両方の役目を果たし、そのミニマルなサポートがこの非常にデリケートな音楽のバランスを保っている。Eldbjørg Raknes のボーカルは特に変わった声質でもなく聴きやすい声で、さりげないけれど声のニュアンスに微妙な変化がつけられる繊細さを持ち合わせている。 (2004/05/21)

Musikk Fra Hybridene / Farmers Market (1997; Kirkelig Kulturvergsted FXCD 182)
Stian Carstensen (accor, g, banjo, mandolin, kaval, vo)
Trifon Trifonov (sax, cl)
Nils Olav Johansen (g, p, vo)
Finn Guttormsen (b, vo)
Jarle Vespestad (ds, vo)
with:
Georgi Andreev (gadulka)
Borislav Zgourovski (kaval)
Neli Atanassava (vo)
Sorina Bogomilova (vo)
Mireille Roth (vo)
「"Musikk Fra Hybridene"は東西ヨーロッパの間にあるほとんど知られていない島の音楽で・・・」というコンセプト(?)に基づいたジャケットは、北ヨーロッパの地図の北海とバルト海の間に"ハイブリッド諸島"などという島ができていて、ふと見ると対岸にはブルガリアがあり、東西南北の矢印もデタラメですが、このアルバムをよく表しています。Farmers Marketの2作目になる本作は、「誰でも知っている有名なメロディーの一発芸の連続技」という新種のネタがすごいです。出てくる曲は、Dave Brubeck、007のテーマ、ルパン3世、ピンクパンサー、ジェンカ、インディージョーンズ、Van Halen、モーツァルト、ABBA、Antonio Carlos Jobim、ラベル・・・と支離滅裂で、曲名がわかる頃には3曲くらい先までいってしまっています。これを6分も続けられるのだからたまりません。このネタの2曲があまりにインパクトが強いのですが、他の曲はバルカン音楽をしっかり消化して、なかなかポップなセンスをうかがわせます。演奏は非常に高度で複雑、特にドラムのJarle Vespestadが素晴らしいというかすごいというか。・・・傑作です。 (2001/05/22)

Speed/Balkan/Boogie / Farmers Market (1995; Kirkelig Kulturvergsted FXCD 148)
Stian Carstensen (accor)
Håvard Lund (cl, ss)
Nils Olav Johansen (ac-g, el-g, vo)
Jarle Vespestad (ds)
Finn Guttormsen (el-b, conrta-b)
with:
Borislav Zgourovski (kaval)
Sonia Iovkova (vo)
Vessilina Illieva (vo)
Georgi Andréev (gadulka)
1991年の秋に結成されたノルウェーのグループFarmers Marketのファーストアルバム。1994年7月、ノルウェーのモルド国際ジャズフェスティバルのライブ録音です。バルカンの音楽、特にブルガリアの民族音楽とジャズその他の音楽の融合、がこのグループの特徴なのですが、このアルバムはどちらかというと民族音楽色が強いです。しかし、このグループのもつ強烈なユーモア(本人達は真面目にやっているのかもしれませんが)があまりにもユニーク。これでもかというほどに高速でたたみかけるような16分の11拍子の曲や、人を食ったような展開を見せる民族音楽のアレンジには驚く、というより笑えてきそうになります。曲は10曲中、2曲を除いてトラッドをアレンジしたもの。その2曲のうち1曲はリーダーのStian Carstensenのオリジナル。注目は最後の曲"Take Five - Take 11"。タイトル通り、Dave Brubeckの有名な曲を割と普通に演奏し始めるのですが、中ほどでギアチェンジして11拍子のバルカン物に変容する様がものすごいです。 (2001/05/21)

as a sideman:


Blue Sky / The Core (2006; Jazzaway; JARCD023) (2006/10/16)

We Are ? / Eirik Hegdal with Trondheim Jazz Orchestra (2005; Jazzaway; JARCD014) (2006/06/12)

Where Dreams Begin / Christina Bjordal Band (2003; Emarcy / Universal Norway; 9865853) (2004/03/10)

Of Christmas Live At Blå / The Source (2002; Booting Legs; CD1) (2003/12/24)

So Much Depends Upon A Red Wheel Barrow / Eldbjørg Raknes (2002; Platearbeiderne; PLACD 2002) (2004/05/27)

Denne Lille Pytten Er Et Hav / Sverre Gjørvad (2001/2002; Curling Legs; CD68) (2002/07/03)

Slow Motion Orchestra / Solveig Slettahjell (2001; Curling Legs; CD 69) (2003/04/25)

Saturation / Jon Balke (1998; Jazzland / EmArcy; 538 160-2) (2001/11/05)

Letters / Håvard Lund (1996; Turn Left Productions; 196) (2002/11/20)

Of Christmas / The Source (1995; Curling Legs; CD 21)

top / home