Morten Qvenild
(p, fender rhodes, key) Norway

last updated: 24 February 2010


● ライブ: Morten Qvenild with guests @ Smeltehytta / Kongsberg Jazzfestival (3 July 2008)

● ライブ: Susanna & The Magical Orchestra @ Yugong Yishan / NOTCH 07 (6 October 2007)

● ライブレポート: Susanna & The Magical Orchestra @ Brewery Arts Centre / Woman's Arts International Festival (22 May 2007)

● ライブレポート: The National Bank @ Kirketorvet / Kongsberg Jazzfestival (8 July 2006)

● ライブレポート: In The Country @ Kongsberg Kino / Kongsberg Jazzfestival (7 July 2006)

● ライブレポート: Solveig Slettahjell @ Scene West Victoria / Oslo Jazzfestival (16 August 2005)

● ライブレポート: Susanna & The Magical Orchestra @ Lapin et Halot (08 / 09 October 2004)

● ライブレポート: in the country @ Rockefeller / Oslo Jazzfestival (14 August 2004)

● ライブレポート: The National Bank @ Studio 2 / NRK (11 August 2004)


as a leader:


Whiteout / In The Country (2009; Rune Grammofon; RCD2086)

Morten Qvenild (grand p, synth, rhods, progrramming, vo)
Roger Arnzen (double b, vo)
Pål Hausken (ds, cynacord percuter, per, vo)
Andreas Mjøs (g, vib, mar, vln, programming, per)

2007年7月に地元 Kongsberg のジャズフェスティバルで、ノルウェー国内で最も権威あるジャズ賞の1つ DnBNOR Prisen を受賞した Morten Qvenild が、翌年2008年の同フェスティバルのステージで受賞記念の委嘱作品として発表した楽曲をまとめた作品で、トリオ In The Country の3作目。当初の公演は In The Country のメンバーを起用しながらも Andreas Mjøs を加えたカルテットとして構想されたもので、ピアノトリオとヴィブラフォンの音などがよく合っている。 また Andreas Mjøs は、共同プロデューサーとしても In The Country の持つ独特の繊細な音をよく引き出している。ストーリーを感じさせる楽曲も、少し風変わりなメロディーも、アコースティック/エレクトリック織りまぜたカラフルな音色の演奏もよいが、アルバム全体を通しての大きな流れ、もしくは柱のようなものがなく、少し散漫な印象を受ける。プレミア公演を含めライブで数回披露された際は Susanna Wallumrød が一部でゲスト参加し、Morten Qvenild とのデュオ Magical Orchestra とは異なる動きのある歌を歌った場面がハイライトだったが、レコーディングに際しこのパートが外された、というのはとても大きい。(2010/02/24)


Losing Stones, Collecting Bones / In The Country (2006; Rune Grammofon; RCD2059) (2006/12/05)
Morten Qvenild (grand p, celesta, harmonium, hammond organ, vo)
Roger Arntzen (double-b, vo)
Pål Hausken (ds, per, vib, glockenspiel, vo)
with:
Marc Ribot (g on #7 and #9)
Stefan Sundström (vo on #4
* datails >> pick-up 2006 Vol. 9 (2005/12/05)

This Was The Pace Of My Heartbeat / In The Country (2005; Rune Grammofon; RCD2045) (2005/03/31)
Morten Qvenild (p, casio sk-10, vib)
Roger Arntzen (double-b)
Pål Hausken (ds, per, timpani, autoharp, vo)
with:
Arve Henriksen (vo)
* datails >> pick-up 2005 Vol. 3 (2005/03/31)

as a co-leader:


Breaking The Mold / Trinity (2009; Clean Feed; CF139CD)
Kjetil Møster (sax, cl)
Morten Qvenild (key)
Ingebrigt Håker Flaten (b)
Thomas Strønen (ds)
* datails >> pick-up 2009 Vol. 3 (2009/03/31)

Melody Mountain / Susanna And The Magical Orchestra (2006; Rune Grammofon; RCD 2057)
Susanna Karolina Wallumrød (vo)
Morten Qvenild (p, cembalo, autoharp, vib, church org, key)
w/
Stian Carstensen (pedal-steel)
* details >> pick up 2006 Vol. 6 (2006/08/27)

In The Kingdom Of Kitsch You Will Be A Monster / Shining (2005; Rune Grammofon; RCD2044)
Jørgen Munkeby (sax, fl, cl, g, el-b, rhods, synth, p, accor...)
Aslak Hartberg (ac-b, el-b, ds-machine, per...)
Torstein Lofthus (ds, per)
Morten Qvenild (rhods, synth, clavinet, p, celesta...)
Andreas Hessen Schei (additional synth on #4)
Jaga Jazzist のオリジナルメンバーだった Jørgen Munkeby がもっとシリアスなアコースティックジャズを追求すべく始めたバンド Shining の、"Where The Ragged People Go" (2001; BP), "Sweet Shanghai Devil" (2003; Jazzland) に続く3作目。先の2作から豹変、ズダズダのリズムとエレクトリックな音によるプログレやヘビーロックと言うべきサウンドが展開されており、まずは驚かされる。前作に収録されていた "Where Do You Go Christmas Eve?" をリアレンジした#5、古巣 Jaga Jazzist の EP "Magazine" (1998) の収録作をモチーフとした #9 の他、個々の楽曲の凝った展開やアイディア、プロデューサー Kåre Chr. Vestrheim の趣味が全面に出たサイケデリックな音作りも面白い。ただ、全体としてはファーストアルバムから続くバンドとしての「模索」が本作でも未だに感じられる。尚、Morten Qvenild (key) は2004年秋の本作のレコーディングをもって自身のバンド In The Country に集中するため脱退。後任は Jaga Jazzist から Morten Qvenild が抜けた際も後任を務めた Andreas Schei で、アルバムの仕上げに1曲のみ参加している。 (2005/07/10)

The National Bank / The National Bank (2004; Universal Music Norway; 096 750-6)
Thomas Dybdahl : vo, ac-g
Morten Qvenild : syn, p, auto-harp, harmonium
Lars Horntveth : el-g, ac-g, baritone g, key, prog, bcl
Nikolai Hængsle Eilertsen : b, baritone g, harmony vo
Martin Horntveth : ds, per, prog, key, harmony vo
for details, see scrapbook > discs > 2004 Vol.8 (2004/09/12)

List Of Lights And Buoys / Susanna And The Magical Orchestra (2004; Rune Grammofon; RCD 2034)
Susanna Karolina Wallumrød (vo)
Morten Qvenild (key, harmonium, autoharp)
w/
Andreas Mjøs (vib, g, timpani)
* datails >> pick-up 2004 Vol. 2 (2003/02/02)

Sweet Shanghai Devil / Shining (2003; Jazzland; 038 266-2)
Jørgen Munkeby (ts, fl)
Torstein Lofthus (ds)
Morten Qvenild (p)
Aslak Hartberg (ac-b)
"Where The Ragged People Go" (2001; BP) に続くセカンドアルバム。リーダーの Jørgen Munkeby (ts, fl)、それに Moten Qvenild (p) は Jaga Jazzist の元メンバー( "The Stix" のレコーディングまで参加)であり、Jørgen Munkeby はそもそもこのユニットを優先させるため Jaga を離れたといういきさつがある。その直後にレコーディングされた本作は、コルトレーン色に新しい感覚を持ち込んだ風だった前作とはかなり雰囲気が変わり(恐らく幾分意図的に)、ジャズから現代音楽にも少し接近する抽象的な音楽になっていて、より不規則で不安定、別の言い方をすればフリー度があがっている。複雑な構成を持った曲が多く、それは即興演奏というより、事前に頭で考えられたアレンジではないかという印象を受ける。ミキシング・マスタリングとポストプロダクションを Helge Sten が手がけていて、アコースティックな音を残しつつ(特にソロの部分はリアル)、彼らしい音作りが非ジャズ的で面白い。(2004/01/08)

The Stix / Jaga Jazzist (2002; WEA; 5050466-0430-2-3)
Harald Frøland (g, effects, synth)
Andreas Mjøs (vib, omnichord, key)
Martin Horntveth (ds, syn-ds, ds-machines, key)
Jørgen Munkeby (fl, al-fl, cl, bcl, harmonica, glockenspiel, key)
Line Horntveth (tuba, melodica)
Lars Horntveth (ts, bs, fl, bcl, ac-g, el-g, key)
Even Ormestad (b, key)
Lars Wabø (tb)
Mathias Eick (tp, upright-b, key)
Morten Qvenild (syn, p, cassette tape-recorder)

with:
Jørgen Træen (electronics, ds-prog)
Silje Haugan (vln)
Kjell Åge Stveland (vla)
* datails >> pick-up 2002 Vol. 11 (2002/09/02)

Where The Ragged People Go / Shining (2001; BP; BP01011)
Jørgen Munkeby (ts, fl, bcl)
Aslak Hartberg (ac-b)
Torstein Lofthus (ds)
Morten Qvenild (p)
* datails >> pick-up 2002 Vol. 5 (2002/04/23)

Troillspel / Østenfor Sol (2001; Major Studio; MSCD1150)
Morten Qvenild (p, fender rhodes, synth)
Roger Arntzen (ac-b)
Erlend Lygren (ds, per)
Bjørn Sigurd Glorvigen (vo)
Camilla B. Sørensen (sax, fl, back-vo)
Ole Jørn Myklebust (tp, flh, back-vo)
with:
Nils Jansen (bcl)
Kjetil V. Einarsen (tverrfløyte (fl))
Østenfor Sol のセカンドアルバム。リズムセクションが交代し、特に新しいベーシストの加入で曲に躍動感が増している。前作に引き続き Vegard Vigerust、それに Ragner Solverg という詩人の詩に音楽をつけるというコンセプト。トランペットの Ole Jørn Myklebust が大半の曲を手がけているけれど、ピアノの Morten Qvenild も4曲、新加入のドラマー Erlend Lygren [前の2人と同様 Ra のメンバー] も1曲手がけていて、その音楽はトラッドの要素はたくさん残したままジャズ/ポップ寄り。メンバーの演奏のバランスがよくなり、トラッド系ノルウェー語ボーカルも柔軟になり、音楽と歌がうまくかみ合っている。アップテンポなナンバーは格好いいし、前作にはなかったようなジャジーな曲もある。個性的な秀作。 (2003/04/16)

Syng, Dovre / Østenfor Sol (1998; Major Studio; MSCD 1143)
Ole Jørn Myklebust (tp, flh, hardanger fiddle)
Jan Inge W. Tangen (per, tuba)
Camilla Bjørndahl Sørensen (sax, fl)
Morten Strypet (b)
Morten Qvenild (p, fender rhodes)
Bjørn Sigurd Glorvigen (vo, harmonica)
with:
Knut Aarefjær
(per)
Per Mathisen (ac-b)
Per Arne Glorvigen (bandoneon)
Geir Ø, Lysne (per)
「太陽の東」という名前のユニット Østenfor Sol のファーストアルバム。ノルウェーの中央部の山間の小さな町 Dovre 出身の詩人 Vegard Vigerust の詩に音楽をつける、というコンセプト。同じ町出身の Bjørn Sigurd Glorvigen は、いかにも若い元気で溌剌とした、朗々と歌う正統的なトラッド系シンガーで、あまりジャズ的でないその唱法は最初少し驚く。メロディーもかなりトラッド調。その曲を全て手がけるトランペッターの Ole Jørn Myklebust [Ra, Geir Lysne Listening Ensemble] や、Morten Qvenild [ex-Jaga Jazzist, Shining, Ra] といった注目のジャズミュージシャンを含む他20代前半ばかりのメンバーの演奏は トラッドというより ジャズ~ジャズロックよりのものが多い。ただし非常にバラエティーに富んでいて、まるでトラッドの曲もある。Morten Qvenild がピアノではなくフェンダーローズを弾く曲が、トラッド×ジャズロックという取り合わせで面白い。プロデュースは ACT レーベルからビッグバンド作をリリースしている Geir Lysne。(2003/04/13)

as a sideman:


Sonata Mix Dwarf Cosmos / Susanna (2007; Rune Grammofon ; RCD 2066) (2007/08/29)

Q. S. / Jan Martin Smørdal Acoustic Accident (2004; AIM; AIMCD 109) (2005/06/04)

Silver / Solveig Slettahjell Slow Motion Quintet (2004; Curling Legs; CD 80) (2004/03/21)

Slow Motion Orchestra / Solveig Slettahjell (2001; Curling Legs; CD 69) (2003/04/25)

Breaks Even / OJ Trio (2001) (2003/04/20)

live @ blaa / Ra (2000) (2002/02/25)

others:


Day EP / Jaga Jazzist (2003; Ninja Tune; ZEN12150 / ZENCDS150)
track listing: 1. Day (original); 2. Two Things; 3. Day (Herbert's Garden Mix); 4. Reminders (Dat Politics "Cha Cha Laxist Mix)
Smalltown Supersound のライセンスによるイギリス Ninja Tune からのシングル。Martin Horntveth による #1 はアルバム "The Stix" に収録のバージョン。ライブでもアルバムでも必ずこの曲の後に途切れなく Lars Horntveth の "Another Day" がくることがお決まりなのにこの盤では来ないのが気持ち悪い。#2 はヴィブラフォン奏者 Andreas Mjøs による曲で、アルバム未収録、ただし Rune Grammofon のコンピ盤 "Money Will Ruin Everything" にも収録されているノスタルジックなミニマル寄りのエレクトロニカで生楽器度は低い。Herbert によるリミックス #3 はリズムパートはフロア向けのグルービーなビートに置き換えられていて、トランペット、ヴィブラフォンといった楽器の音を鮮やかに残しているところはさすが。Dat Politics による #4 は最初こそ誰かがメロディーを鼻歌と口笛で歌っていたりするものの、だんだん本領を発揮してきて愛嬌のあるノイズ寸前の電子音でいっぱいになり、何の曲だか忘れそうな有様になる。 (2004/02/16)

Money Will Ruin Everything / V.A. (2003; Rune Grammofon; RCD 2032) (2003/12/23)

Day EP / Jaga Jazzist (2002; Smalltown Supersound; STS06612) (2003/10/20)

The Smalltown Supersampler / V.A. (2002; Smalltown Supersound; STS050CD)
1. Kim Hiorthøy, 2. Jaga Jazzist, 3. Alexander Rishaug, 4. Sir Dupermann, 5. Martin Horntveth, 6. Lasse Marhaug, 7. Jazzkammer, 8. Continental Fruit, 9. Monopot, 10. Electro Nova / Electro Nova
(2003/07/25)

Magazine EP / Jaga Jazzist (1998; DBut; ndbut 007 / 2004; Smalltown Supersound; STS 082) (2004/11/23)

top / home