<< 2004 Vol. 2 (2004/07/05) >>

FRA LIPPO LIPPI
Fra Lippo Lippi: バンド名は、イギリスの詩人 Robert Browning (1812-1889) の、イタリア・ルネサンス期の僧侶であり画家であった Fra Filippo di Tommaso Lippi (1412-1469) を題材とした同名の詩作から取られている。
In Silence

1981; Uniton
In Silence

1. Out Of The Ruins
2. A Moment Like This
3. In Silence
4. Recession
5. The Inside Veil
6. I Know
7. Quiet
8. Lost
Rune Kristoffersen (key, g, b, vo)
Morten Sjøberg (ds)

それまで Generic Control という名前で活動していた Rune Kristoffersen、Morten Sjøberg 、Bjørn Sorknes の2人は、1980年オスロ郊外の Nesodden で Fra Lippo Lippi を結成する。翌 1981年、Bjørn Sorknes が抜けてデュオとなった FLL はノルウェーのインディーレーベル Uniton からこのファーストアルバム "In Silence" をリリースする。

ドラム以外の全てのパート、それに作詞作曲も Rune Kristoffersen がこなしている。ボーカルはどこか遠くから響いているようで、輪郭をはっきりと表さない。割とにぎやかなドラムのパート以外は少し風変わりで暗く、サイケデリックな雰囲気を漂わせている。
Small Mercies

1983; Uniton
Small Mercies

1. Some Things Never Change
2. A Small Mercy
3. Barrier
4. Sense Of Doubt
5. The Treasure
6. Slow Sway
7. Now And Forever
8. French Painter Dead
Rune Kristoffersen (key, g, b)
Morten Sjøberg (ds)
Per Øystein Sørensen (vo)

同じ Nesodden 出身の Per Øysten Sørensen が加入しボーカルを担当するようになってから、楽曲は前作同様ほとんど Rune Kristoffersen が手がけているにもかかわらずメロディーラインにはっきり変化が見られる。

耽美的なニューウェーヴの音、ノルウェーの Joy Division というのがよく使われる形容詞。ニューウェーブを全く聞かない私にはよく分からないけれど、分かる人には分かるのだろう。穏やかなメロディーラインはありきたりでなく、適度にポップ。時折挟まれるクリアなトーンのアコースティックピアノが印象的だ。
Songs

1985; Easter (NO)
1986; Virgin (UK)
Songs

1. Come Summer
2. Shouldn't Have To Be Like That
3. Even Tall Trees Bend
4. Just Like Me
5. Leaving
6. Regrets
7. Everytime I See You*
8. Crash Of Light
9. The Distance Between Us
10. Coming Home
Rune Kristoffersen (b, key)
Per Øystein Sørensen (vo, key)

Øyvind Kvalnes (key) が加わってカルテット編成になった FLL は1985年、ノルウェーの Easter Productions からサードアルバム "Songs" をリリースする。このアルバムは国内でかなりのセールスを記録。Øyvind Kvalnes と Morten Sjøberg が抜け、再びデュオになった FLL は若干のトラックをゲストミュージシャンと共に録りなおし、翌1996年イギリス Virgin からのワールドワイドデビューを果たす。Virgin 盤 "Songs" は #7 を追加収録。

このアルバムから FLL はポップグループへと変貌を遂げる。追加レコーディングのプロデューサーは The Cure や Depeche Mode を手がけたことで知られる Dave Allen。音楽は全体的に明るくなり、とてもメロディアスでキャッチーだ。それでもどこかにわずか影を感じ、それが前作までの彼らと同じグループであることを物語っている。
Light And Shade

1987; Virgin
Light And Shade

1. Angel
2. Freedom
3. Don't Take Away That Light
4. Beauty And Madness
5. Home
6. Light And Shade
7. Some People
8. Crazy Wisdom
9. Stardust Motel
10. Indifference
Rune Kristoffersen (b)
Per Øystein Sørensen (vo, p)

Steely Dan の Walter Becker をプロデューサーに迎えてロサンゼルスでレコーディングされた4作目。ゲストには10数名にも及ぶ LA の著名なセッションミュージシャンがずらり。大部分の曲を Per Øysten Sørensen が手がけ、彼のカラーが占める割合が増えてきた時期の作品。面白いのは歌詞を手がけているのが歌っていない Rune Kristoffersen という点。

前作で見せたポップ路線をもっと押し進めたもので、ポップというよりやはり西海岸AORといった感じ。さわやかで軽やか、引っかかりはないけれど、きっちりプロデュースされた作品だ。

このアルバムからのシングル "Angel" でヤマハが主催した第18回世界歌謡祭(1987年10月)に出演するために来日、同フェスティバルで金賞を受賞している。
The Colour Album

1989; The Record Station
The Colour Album

1. A Little Rain Must Fall
2. Mothers Little Soldier
3. Under The Same Sun
4. You Bring Me Joy
5. Love Is A Lonely Harbour
6. Count On Me
7. ABC
8. Childhood Days
9. Into The Blue
Rune Kristoffersen (b)
Per Øystein Sørensen (vo, key)

オスロの有名な Rainbow Studio でスウェーデン人プロデューサーを迎えレコーディングされた作品で、リリース元もスウェーデンのレーベル。ゲストとして Per Lindvall (ds, per), Tore Elgarøy (g), Bendik Hofseth (sax), Nils Petter Molvær (tp), Bjørn Kjellemyr (ac-b), Knut Riisnæs (sax) とジャズ/ジャズ寄りのノルウェー人ミュージシャンが多く参加している。キレのいい Per Lindvall のドラムの他、バラードでのNils Petter Molvær のおいしいソロに耳がいく。

前作の西海岸AOR路線から普通のポップスに回帰。といってもアップテンポな曲ではビートが強調され、以前の彼らに戻ったという感は受けない。

#5 "Love Is A Lonely Harbour" は日本ではテレビドラマで使われたことで知られる。この Rune Kristoffersen による美しいメロディーを持つ曲はいかにも彼ららしい曲だ。尚、FLL の活動停止までのオリジナルアルバムはファースト以外全て国内盤が製作されており、このアルバムも「ロンリー・ハーバー」というタイトルでリリースされている。
Crush Of Light

1990; Easter
1991; Octoarts (Philippines)
Crash Of Light

1. Crash Of Light
2. The Distance Between Us
3. Everytime I See You
4. Fade Away
5. Shouldn't Have To Be Like That
6. Even Tall Trees Bend
7. Say Something
8. Regrets
Rune Kristoffersen (b)
Per Øystein Sørensen (vo)

ライブアルバム。2人以外のメンバーは Tore Elgarøy (g, backing vo), Lasse Hafreager (key, backing vo), Berit Lohne (p, backing vo), Bjørn Luliusson (ds) とドラム以外は全員前作 "The Colour Album" に参加していたプレイヤーだ。

このアルバムは3作目 "Songs" (1985) をリリースしたノルウェーのレーベル Easter Productions からリリースされる予定で製作・プレスまでされたものの、契約上のトラブルにより実際はリリースされなかったという幻のアルバム。翌1991年にフィリピンのレーベル Octoarts からリリースされたもののみが唯一市場に出ている。

非常にレアなアルバムで、普通に耳にすることができるのは後に "The Best Of" (2003) の中に収録された #3 のみ。
Dreams
1992; Easter / Sonet

Dreams
[Japanese Edition]

Dreams

1. Thief In Paradise
2. Living In A Crazy World
3. Stitches And Burns
4. Not Invited
5. Heart Of The Matter
6. Naive
7. One World
8. Wonderful Day
9. Dreams


* The Japanese edition (cover below) contains same tracks, but "Naive" appears on #3 and "Stitches Of The Matter" on #6.
Rune Kristoffersen (b, key, prog)
Per Øystein Sørensen (vo, key, prog)

セルフプロデュース、レコーディングは Rune Kristoffersen 自身によって行われ、ミキシングは "Songs" (1985) のプロデューサー Kaj Erixon が手がけている。2人以外のプレイヤーはギターとドラムの2人のみ。

オリジナルアルバムとしては6枚目にあたるこの作品で、彼らは2つめの原点 "Songs" の頃の自分達に戻ろうとしているかのようだ。前作で目立ったビートも押さえられ、演奏はシンプル。明るいのにどこかわずかにノスタルジックでもある、穏やかな彼ららしいメロディーが支配する。

尚、このアルバムはノルウェー本国の他、フィリピンと日本で発売され、日本盤は「夢で抱きしめて」という何とも時代を感じさせる邦題が付けられ、さらにジャケは女性の写真があしらわれたものに作り変えられ、曲は #3 と #6 が入れ替わっている。
The Best Of Fra Lippo Lippi 85-95

1995; Easter / Arcade
The Best Of Fra Lippo Lippi 85-95

1. Everybody Everywhere*
2. If You Were In My Shoes*
3. Shouldn't Have To Be Like That
4. Crazy Wisdom
5. Light And Shade
6. Beauty And Madness
7. Naive
8. Love Is A Lonely Harbour
9. Even Tall Trees Bend
10. Coming Home
11. Thief In Paradise
12. Leaving
13. Mothers Little Soldier
14. Dreams
The Virgin Years - Greatest Hits

1997; Octoarts
(Pillippines)
The Virgin Years - Greatest Hits

1. The Distance Between Us
2. Shouldn't Have To Be Like That
3. Come Summer
4. Angel
5. Coming Home
6. Indifference
7. Freedom
8. Crash Of Light
9. Everytime I See You
10. Light And Shade
11. Some People
12. Home
13. Regrets
14. Crazy Wisdom
15. Beauty & Madness
16. Just Like Me
彼らのベストアルバムはこの他にも色々あり、中には未発表曲が入ったものや新たにレコーディングされたニューバージョンを収録したものもある。
In A Brilliant White

2002; EMI Philippines
In A Brilliant White

1. Story Of A Broken Heart
2. Faithful
3. Will I Recognize
4. Come On
5. Later
6. Wish We Were Two
7. Ordinary Guy
8. Stay
9. Who Is Your Buddah
10. If I Knew Then
Per Øystein Sørensen (vo, key)

FLL のフィリピンでの人気は凄まじいものがあり、2000年にはマニラで1万5000人を集めてコンサートを行ったというから驚く。翌2001に Per Øystein Sørensen の曲 "Later" がフィリピンでヒット。一方の Rune Kristoffersen は自己のレーベル Rune Grammofon がちょうど注目を集め始めた時期であり、FLL は Per Øystein Sørensen の1人ユニットとして続行することになる。この "In A Brilliant White" はフィリピンのみでひっそりとリリースされた10年ぶりの復活作。

フィリピン盤ということでジャケットの印刷などはかなり甘いが、サウンドはノルウェーできちんとプロデュースされて録音されている。打ち込みのビートなども使って21世紀の音にしつつ、FLL らしいメロディーが同居している。ただしどこかしら Rune Kristoffersen の不在は感じ取れる。Per Øystein Sørensen のボーカルスタイルも FLL 初期の頃と比べると随分変化し、このアルバムではソフトで優しい声で、ごくストレートに歌っている。今どき珍しい種類の素直なポップスだ。
The Early Years

2003; Rune Arkiv
The Early Years
In Silence and Small Mercies


1. A Small Mercy
2. Barrier
3. Sense Of Doubt
4. The Treasure
5. Slow Sway
6. Now And Forever
7. French Painter Dead
8. Out Of The Ruins
9. A Moment Like This
10. In Silence
11. Recession
12. The Inside Veil
13. I Know
14. Quiet
15. Lost
16. In A Little Room
17. An Idea
coming soon!
The Best Of

2003; Rune Arkiv
The Best Of
Fra Lippo Lippi


1. Shouldn't Have To Be Like That
2. Angel
3. Love Is A Lonely Harbour
4. Light And Shade
5. Naive
6. Beauty And Madness
7. Everybody Everywhere
8. Crazy Wisdom
9. Everytime I See You
10. Even Tall Trees Bend
11. Coming Home
12. Thief In Paradise
13. Leaving
14. Mothers Little Soldier
15. Dreams
Rune Kristoffersen aka ELEPHANT SONG / MONOLIGHT
Elephant Song

1993; Easter
Elephant Song

1. Entrance
2. Water And Wildlife
3. Sherpa In God's Mountain
4. Disturbing The Calm
5. Sonday Rain
6., SOnic Subcult
coming soon!
Monolight

1995; Tetra
Monolight

1. Ritmus
2. Tashi Delek
3. Microdark
4. Sol Rega
5. Good Machinery
6. Tek
7. Netcracker
8. Bekalen
Free Music

2001; Rune Grammofon
Free Music

1. Standed In Narrow Air
2. Duo Abstractions 2
3. Four Invisibles
4. Haloes And Starburst
5. Red Mystic
6. Duo Abstractions 1
7. Yellow Square Black Circle
8. Duo Abstractions 3
9. Duo Abstractions 5
10. Sill Light

special thanks to Rune Kristoffersen @ www.fralippolippi.com / www.runegrammofon.com

scrapbook discs index / home